約 3 ヶ月毎日社内の Slack に SEO の情報を流して会社の SEO 知識レベル向上させてみた

こんにちは、開発 Unit 10 の小林(@0rga)です。

普段は React や Node.js による開発を主としておりますが、以前 SEO 施策の開発実装に多く関わっていた時に SEO の楽しさに気が付き、そこから SEO の動向を追うのがひとつの趣味になっています。

TL;DR

  • Slack で SEO の情報発信チャンネルを作ってみんなを呼び、毎日アウトプットしたよ
  • 後にチャンネルでとったアンケートで、SEO への理解が深まったり、苦手意識が薄れたという声を貰えたよ
  • チームや会社に SEO への理解が欲しい人にはオススメの方法だよ
続きを読む

検索アルゴリズム改善における機械学習の活用 〜MLOpsについて〜

はじめに

こんにちは。 CX部門 データ・AI戦略室 データ戦略Gの田中です。

ぐるなびには2018年に新卒として入社し、レコメンドエンジンの開発や在庫・予約関連のデータ分析等に携わってきました。

現在は主に検索結果の並び順アルゴリズムの改善を行っています。 私たちのチームではアルゴリズム自体の改善に伴い、MLOps(機械学習の運用改善)にも取り組みました。

今回は、

  • MLOpsとは
  • どうやって導入したか
  • 導入で何が得られたか

についてお話ししていきたいと思います。

続きを読む

AWSでクラウドネイティブアーキテクチャを使用したシステム構築

こんにちは。戦略推進室の荒海です。

ぐるなびでは、アドシステムやレコメンドの開発に携わったのち、今の部署ではデータ戦略として、データを使ったサービスのAPI提供などを開発しています。
現在、AWS上で動作する店舗情報提供APIの開発を行っています。リクエスト数が多いので、大量のリクエストに対して、それを捌く構成なども書こうと思います。
AWS上で動くAPIの開発を行おうとしているけど、どういう構成にするといいのか悩んでいる、とか、どういうサービス使えばいいのか全然わからない、という人の参考にもなればと思います。

その中でお伝えしたいトピックとして、クラウドネイティブで運用している部分を切り取ってみました。

目次

  • どうしてクラウドネイティブなのか
  • クラウドネイティブで良かった点
  • クラウドネイティブで大変だった点
  • これからの展望
続きを読む

レガシーなシステムとの向き合い方 ~ リニューアル案件を通して

本記事はぐるなびで、飲食店掲載ページ(以下、店舗ページ)の開発を担当している店舗チームがお送りします。



はじめに

ぐるなびはWebメディア業界の中では老舗で、技術的負債やレガシーな運用・開発フローが多数残っています。
今回はそんな中、ぐるなびのエンジニアがそういった技術的負債にどう立ち向かっているのかを紹介します。

続きを読む

ぐるなびにあった2億ファイルをAWSにデータ移行しました

ぐるなびにあった2億ファイルをAWSに移行しました

こんにちは!店舗開発チームの滝口です。

ぐるなびでは、認証・認可のプラットフォーム開発に携わったのち、現在はレストランデータの運用をしつつ、ぐるなび掲載ページや、店舗向け管理画面の開発をしています。

はじめに

このたび、オンプレで稼働していた「非構造化データストレージ(通称:UDS)」をAWSに移行しました。
UDS は NAS に保存されているファイルを REST API を介して CRUD 操作できるシステムで、ぐるなびで掲載している店舗の画像や CSS 、Javascript 等の保存に利用されています。
この記事では NAS に保存されたファイルをどのようにして AWS に移行したのか、その移行方式や AWS アーキテクチャを紹介します。

続きを読む

ぐるなびの社内システムで活用しているSalesforceのナレッジ取得と課題解決の工夫

TOP

こんにちは、Salesforceを活用した営業支援システムを担当している松山です。
私の所属するチームでは、同システムを社内でより効果的に活用するための開発・改修をメインに行っています。
私自身は、2019年1月からぐるなびに入社して、Salesforceに関わってまだ1年ほどの新米です。現在もSalesforceについて日々勉強し、社内のユーザが使いやすいシステムを目指し、試行錯誤を繰り返しています。

今回は、どのようにぐるなびのシステムにSaleforceを活用し、Salesforceの活用技術向上に取り組んでいるかを紹介したいと思います。

続きを読む